スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BREWED OUT

2009年04月28日 11:05

BEERレポートでやんす

MAD RIVER BREWING, STEEL HEAD DOUBLE IPA
IMG_4657_convert_20090428104006.jpg
奇麗なオレンジ色のビール
香りは柑橘系、グレープフルーツの様な香り
苦みもそこそこ
ボディも程々
なかなか旨い

NEST, 杉樽仕込 CLASSIC ALE
IMG_4744_convert_20090428104032.jpg
これは旨いです
上質なモルト感にリアルエールの様な感じもあり
意外とクリスプな飲み口で爽やかさもあります
杉の香りというのはそこまで感じませんがホップの香りが良い
NESTはどれを飲んでも美味しいがこれはまた違った良さがあります
秀逸

SWAN LAKE, SWAN LAKE ALE
IMG_4762_convert_20090428104055.jpg
見た目はまるでラガー
しかしその香りは間違いなくALEです
見た目同様ライトな飲み口
爽やかでいくらでも飲めます
さっぱりとした和食、夏野菜と一緒に頂きたい一杯です
この一杯とは対照的だがここの作るIPAもとても美味しい
機会があれば是非飲んでみて

志賀高原, WHEAT WINE OF SHIGAKOGEN
IMG_4831_convert_20090428104117.jpg
志賀高原からまたヤバい一本です
小麦麦芽を使用して醸造したこのWHEAT WINE
とても美味しい挑戦的な志賀高原らしい一杯
香り、甘み、苦み、余韻の全てが一口で楽しめます
是非高めの温度でゆっくり楽しんでもらいたい一本
ALC 9.5%
熟成にも十分耐えるでしょう
志賀高原のこの白ラベルのボトルは限定醸造や季節醸造のビールです
見つけた場合はすぐ買うことをオススメしますよ
日本の誉れ













スポンサーサイト

DEAD MAN HIKING 3

2009年04月27日 13:15

先頭を交代しつつなんとか高度をかせぎながら登り続けましたが
低温の中、強風により凍った斜面に足場を切りながら登ることで体力の消耗が激しく
SPILL WAYの中程で動けなくなってしまいました

そこでコース脇にある小さなリフト小屋(半畳程しかない)に一旦避難することに
二人座るのは無理な程小さな小屋ですが風をしのげる分いくらか暖かく感じます
それでも体の震えが止まらず、しかも眠い
たまらなく眠いんです
雪山で眠くなって死んじゃうってヤツ、あれホントです
何度も眠りに落ちる僕をAdrianが顔を引っ叩いて起こします
とにかく熱になるものをと、凍ったパワーバーを懐に入れ柔らかくしてから二人で分け合いました

しばらく暖をとって一息つけたところでまた作戦会議
ここから頂上まではあと100m程の高度しかありません
しかし僕らの体力も限界に近づいてます
無理にSPILL WAYを直登することはやめて一旦西へ向けて歩きTOTE ROADに出てから頂上を目指すことに決まりました
ココからTOTE ROADまでは平坦な道を数百メートル進むだけで出れます
結局TOTE ROAD、だから最初に言ったのに

半分眠った様な状態で出発
フラフラで記憶も少しあやふや
そんな中でTOTE ROADを目指します
暫く歩きTOTE ROADに出た僕らはそこから南東方向にある頂上を目指します
東から吹いていた風もこの西向きの稜線ならだいぶしのげます
雪面も風に吹かれてない分柔らかく登りやすい
残りの行程は眠いだけを我慢すればそれまでに比べてかなり楽でした

一時間程歩き頂上小屋に到着
時計を見ると朝の7時
登り始めてから6時間も経っています
2時間で登れる山なのに何やってんだか

この小屋は頂上へのゴンドラの終着駅
通称GANJOLA SHACKと呼ばれ、大きなガラスで囲まれた6角形の建物です
中に入った僕らは暖炉の側に荷物を下ろし残っていた薪で小さな焚き火を起こしました
とりあえず麓のコーヒー屋のJAVA JOE'Sが開店する8時を目指し山を下りることにして
それまで仮眠をとることにしました
フル装備のまま寝袋に入って寝ようとしますが今度は寒くて眠れません

頂上にあるこの小屋は強風に吹かれると麓に比べ-20℃の温度差に冷え込みます
事実その時の小屋内の温度計は華氏10°F
摂氏にしてマイナス12℃以下
この地方ではざらにこのくらい冷え込みますが
山の頂上に閉じ込められた状態でこの温度はちょっと怖いです

二人とも眠れずに寝袋の中で震えていましたが
空が明るんで来たところで
『もう我慢出来ない、山を下りよう』
ということになり
荷物をまとめ小屋を出ました

その時見た景色は今も忘れられないです
頂上から下は全て雲海の中
まるで雲の海に浮かぶ島の上、夜明けで明るむ水平線を眺めている様でした
今回の無謀な山登りで良かったのはコレだけ
もしくはコレのために山を登ったのかも知れません

板を装着し雲海へと飛び込み
当初の目的であったKINGS LANDINGを滑ります
昨夜のミゾレのためもちろんパウダーではありません
とにかく早く麓につくためカッ飛ばしました

麓のヴィレッジに到着し、開店準備中のJAVA JOE'Sに飛び込み暖かいコーヒーを流し込みます
ホントに美味い、人生最高のコーヒーでした
厚かましいことに僕らはJAVA JOE'Sの店長に車で寮の近くまで送ってもらい
無事寮に忍び込み、帰り着くことが出来たのでした

やれやれ



この山登りを知っていたのは僕とAdrian、そしてルームメイトの数人です
僕らは危うく人知れず地元の山で遭難するところでした
冬山はどんなに知っている地元の山でも、なめたらやられるということを身を以て学びました
皆さんも気をつけて下さいね~


大きな地図で見る









DEAD MAN HIKING 2

2009年04月24日 14:19

こないだのつづき


SPILL WAYの麓に着いた僕らは一休みすることに
水筒を取り出し水分補給
ミゾレに加え、強風で体感温度はかなり低く感じます
この調子だとパウダーはあきらめた方が良さそうだな
と感じてました

作戦会議を開きここからどうするかもう一回話し合います
ココから頂上までは高度にして300m程度、決してキツい高度差ではありません
しかし、その斜度は平均30度、最大で40度近く
直登するには面倒な斜度です
またSPILL WAYの麓から西、山に向かって右側に1キロ程進むと
稜線上にあるTOTE ROADに出ることが出来ます

引き返すか、SPILL WAY直登か、それともTOTE ROADに出てから頂上目指すか

僕らの出した結論は


"SPILL WAY直登"


若いって怖いねホント
アイゼンもピッケルも持ってないのに
氷の張り付いた急斜面なんか登らない方が良いに決まってるのに


AM2:00頂上に向けて出発
最初の比較的なだらかな斜面をブーツのつま先でステップを切りながら登っていきます
先ほどから続いているミゾレ混じりの吹雪のため雪面が凍りかけてきてます
高度を上げるにつれて急になる斜面と固くなる雪面
気温も大分寒く感じます
苦労しながら一時間程登り下を見るとまだ5分の1程しか登っていません

このペースだとヤバいなと思いつつ最初の難関に取りかかります
ここから斜面はぐっと斜度を増し以前にも増して登りにくい
しかもその頃には雪面は完全に氷
それでも何とか登り続けSPILL WAYの中程に到着
その時
前を登っていたAdrianが足を踏み外し滑落
下で受け止めようとした僕も巻き込まれ
30m程流されたところで背中に背負ったスノーボードが雪面に引っかかり何とかストップ
かなり危なかった

その場でステップを切り直し足場を作って休憩
バックパックから水を出すと
最悪
カチカチに凍ってます
懐に入れときゃ良かったと悔やんでももう遅い
ポケットに入れておいたPOWER BARを取り出します
POWER BARは日本で言うカロリーメイトのキャラメルバー的なモノ
それを袋から取り出すと
これもカッチカチ
かじり付きましたが歯が折れそうな堅さ
とても食べれません

途方に暮れつつも登頂をあきらめきれない僕らは
また頂上へ向けて出発したのでした


つづく


大きな地図で見る












DEAD MAN HIKING 1

2009年04月22日 15:39

僕がアメリカにいたころ住んでいたのがMAINE州というのは前にお話ししましたね

正しく言うとMAINE州、CARRABASSETT VALLEYという場所で
SUGARLOAF/USAという東海岸を代表するスキー場が在ります


スノーボードやる人は解ると思いますが
スノーボーダーなら誰でもパウダーが大好きです
パウダーとは積もったばかりのフカフカな深雪で
この上を滑るとまるで無重力のような感覚が味わえます

このパウダーが積もった日は誰がその上を最初に滑るかというのがとても重要です
誰も滑った跡のない真っ白な斜面
これに最初にFIRST TRACKを残すことはかなりの快感
また積雪量の少ない東海岸ではパウダーを滑れる機会は少なく
かなり特別なモノです

雪が積もると
みんなそれぞれがお気に入りの斜面のFIRST TRACKを狙っている訳で
そこで競争というのが繰り広げられます

早起きして一番乗りでスキー場に現れ
リフトが動き出す1時間も前からリフト前に並ぶ
そういう人達の列がリフト乗り場に延々と続くのです


ある雪の降る晩

友人のAdrianが僕の部屋に来まして
『明日の朝一番、KIGS LANDING(コースの名前)にどうしてもFIRST TRACKを残したい』
と言い出しました
『じゃあ明日の朝早起きしな』
と僕が言うと
『今夜、夜中に出発して山を登り、頂上の小屋に泊まって日の出とともに滑りたい。俺と一緒に行かないか?』

うーん、なんだか楽しそうなアイデア

『いいでしょ、行きます』
話がまとまり、準備に取りかかりました

持って行くものは寝袋、飲み水、非常食のPOWER BARだけ
決して大きな山ではないので特別な装備というのは持ちませんでした
スノーボードを担いで登るのでそれほど大きな荷物は持てませんしね

ハイキング用のバックパックにそれらを詰め、板をくくりつけて
夜中の12時に出発

まず住んでいた寮から山の麓まで4キロくらいの距離を歩きます
寮を夜中に抜け出すのは禁止されていたので
人に見られない裏道のスノーモービルコースを明かりも無く歩く
辺りは真っ暗なうえ吹雪いています
目印になるのはたまにうっすら見える山の頂上にある明かりだけ

途中何度か道を間違えながらも麓に到着した僕らはどのコースで登るかを話し合いました
山登りは稜線にそって頂上を目指すのが普通です
遠回りに見えても、斜度も少なく視界がひらけていて登りやすいからです

僕はその稜線にあるTOTE ROADというコースを指定しました
そのコースなら2時間以内に頂上に到着するはずです
しかしAdrianは頂上直下のSPILL WAYが最短だからそのコースが良いと言ってききません

最短=最も急な斜面

ホントに登れるのか?と思いつつも
僕が折れ、SPILL WAYを登る事になりました

まず、SPILL WAYの麓へと続くBOARD HILLという緩い斜面を登ります
途中、コース整備中のキャタピラを操縦する友人に会い
『SPILL WAYを登るのは無謀だ、やめとけ』
と忠告を受けます
しかしそこからTOTE ROADに出るのは面倒です
とりあえずSPILL WAYの下まで行くことに

BOARD HILLを登っている間に吹雪はみぞれへと変わり
吹き付ける風で斜面や服に凍り付いていきます

この時点で引き返せば良かったのですが、、、、


つづく

me13tm01f_convert_20090422153249.jpg











BADASS BEER

2009年04月20日 13:58

週末は野球なんか見に行ってきました
IMG_4644_convert_20090420133155.jpg
YEBISU DRAFT



というわけで先週のビール達をご紹介

ANDERSON VALLY, POLEEKO GOLD PALE ALE
IMG_4500_convert_20090418211314.jpg
大好きな醸造所、Anderson ValleyのPale Ale
良い香りです
複雑で花を想わせる様な上品な香り
スッキリしているのに味わい深い
そんなビールです
旨い

THE PIKE BREWERY, PIKE IPA
IMG_4516_convert_20090418211344.jpg
良い香り、苦み、クリスプでライトな口当たり
どれをとってもバランス良いです
量飲んじゃいそう
夏はコレだな
旨い

志賀高原ビール, NOT SO MILD ALE
IMG_4601_convert_20090420132814.jpg
旨い
アルコール低いからあんまり熟成に耐えないだろうと思って開けたんだけど
前回飲んだ時より全然旨く感じる
俺の舌が変わったのか?
それともこの短い期間に熟成が進んだのか?
う~む、恐るべしコラボレーションビール
恐るべしNOT SO MILD

ヤッホーBREWING, YONA YONA PALE ALE
IMG_4565_convert_20090418211410.jpg
安くていいですよね、ココのビール
しかも美味しい
夜な夜な飲める値段だからこのネーミングなのかな?
どちらにせよ夜な夜な飲め、ということなのかな?
まあ俺は飲むけどさ
皆もヤホーで検索してみて




CAFE ESCALATOR

2009年04月18日 21:22

行ってきましたCAFE ESCALATOR

原宿にあるESCALATOR RECORDSのやってるCAFE
この店は志賀高原ビールを樽生で扱ってます

という訳で飲んできました
IMG_4580_convert_20090418211213.jpg
左がIPA
右がDPA(Draft Pale Ale)
やっぱ旨いねぇここのビールは
真っ昼間から飲む事に全く躊躇なしの旨さ
日本人は皆もっと昼から飲んだくれるべきだな
こんなに良いビール飲めるんだから

CAFE ESCALATOR、とても良い店でした
IMG_4585_convert_20090419114502.jpg









THAT'S IT THAT'S ALL

2009年04月17日 12:59

今日はオモシロイDVDについて


THAT'S IT THAT'S ALL
ThatsItThatsAll_Front_convert_20090417125054.jpg

ThatsItThatsAll_Back_convert_20090417125030.jpg

SnowBoard DVDです

T中君の家で見せてもらったのがコレを知るきっかけ

Travis Riceを中心に、 Terije Hakkonsenn, Brian Iguchi, Jeremy Jones等が滑ってます

おそらくSnowBoard史上最高の一本に入るでしょう

映像美もさることながら抜群のロケーション、特に自然を撮った映像がヤバい

SnowBoradやらない人でも楽しめると思います



まさしくTHAT'S IT TAHT'S ALLな一本








QUALITY OR VALUE

2009年04月16日 11:31

酒の飲み方が明らかに変わってきた今日この頃

夜遊び(クラブとかライブハウス)に行くと以前はよくビールを飲んでました
特に、まだ新宿に在った頃のLIQUID ROOMでは延々とビールだけを飲み続けたりしてました
あそこの生はハイネケンでとても美味しく注いでくれた記憶があります

時は過ぎて、最近ではクラブでもプレミアムビール置いたりするところが増えて来てまして
EBISUとかPREMIUM MALT'Sとかの上等なピルスナー置いてるところも在る訳ですよ
でもなぜか、そのほとんどはとても不味い

あきらかにサーバの洗浄、メンテナンスをさぼっていたり
あきらかにカビの匂いのするビールやら(グラスを拭く布が臭いと思われる)

どんだけ良いビール繋いでも意味ないっしょ


という訳で最近はテキーラショットしか飲んでません

酒を楽しむのはあきらめてアルコールを楽しんでおります

クリアに早く酔うことが信条



クラブなんかで旨い酒飲もうとするのが間違い、と言うのはナンセンス
だってあの業種の売り上げの殆どは酒なんだから
言ってみりゃあれはやっぱりBARなんだから

もちろん良いBARのクラブも在るんだけど

そうでないところはしっかりやって欲しいよね

と願う次第であります





純粋にアルコールを楽しむ人
IMG_4470_convert_20090416112928.jpg







ATMOSPHERE

2009年04月15日 11:44

コンニチハ、Tsukiです。
今日は私の好きな音楽を紹介



人の少ない静かな、天気の良い日曜の午後はこれ

IMG_4096.jpg


少し切ない音が沁みこんできて

目を閉じればその旋律から自分の中を旅することができる、そんな1枚。


ジェーンバーキン主演の映画 “ WonderWall ”のサントラ盤。

Wonderwall Music by George Harrison


日本では96年に初公開されて、わくわくしながら池袋ロサへ観にいったっけ。
壁の穴を覗くと・・あんなカワイ子ちゃんがいたら、私ものぞいちゃうな(笑)



春を食べる。

2009年04月13日 17:03



季節のモノってほんとにおいしい。



筍ごはんに
IMG_4497.jpg

筍とじゅんさいのお吸い物
IMG_4495.jpg



器の中には春がぎっしり


とってもやさしい味がしました



お財布にもやさしいしねっ



**tsuki**


I ♥ BEER

2009年04月13日 02:17

今週のビールは強者揃い。
久々満足出来る面々でした。

NINKASI BREWING CO, TRICERAHOPS DOUBLE IPA
IMG_4429_convert_20090413014724.jpg
三種類のホップ使用ということなのか?
恐竜みたいな名前のこのdouble IPA、パンチがあります。
しっかりとしたモルト、甘み、そして少しスクエアな印象を持たせる酸味。
香りはバッチリ、ホップ効いてます。
ホップに餓えたらとりあえずdouble IPA飲んどきゃ間違いない。
ここのビール、他にも飲んでみたいと感じさせる一杯でした。
旨い。alc.8,8%


LAGUNITAS, IPA
IMG_4481_convert_20090413014853.jpg
イエーイ、LAGUNITAS大好きです。
ホップ馬鹿の造るビールに間違いはない。
その色からも予想出来る、爽やか~な一杯。
香りからしてすでに果物、飲んだ感じも果物。
アメリカンIPAの王道ですね。
夏の昼間に飲みたい一杯です。
旨い。


BEAR REPUBLIC, RED ROCKET ALE
IMG_4493_convert_20090413014922.jpg
ホップシチューですな。
強烈にホップ効かしてます、もはや青臭い程に。
この青臭さがある種の人達にはたまらない筈。
苦くて香り良し、そしてそれに負けないしっかりボディ。
悪名高きGREEN FLASH,HOP HEAD REDに通じるビールです。
ヤバいこれ、大好きです。
旨い。






Flash Back @ Liquid Loft

2009年04月11日 22:45

金曜夜は恵比寿Liquid Loftで開催されたFlash BackにHATOSのREIとDEEPANが出演するとのことで遊びに行ってきました。
とても盛り上がり、良いパーティーでしたよ。

でも相当に飲んだくれたので疲れ果てました。


DJ HIKARU + REI
IMG_0128_convert_20090411222858.jpg

IMG_4461_convert_20090411222630.jpg

DJ TAKIMI KENJI + REI
IMG_0130_convert_20090411223137.jpg

IMG_0138_convert_20090411223339.jpg

REI
IMG_0143_convert_20090411223249.jpg
この人はやはり凄い

外に出てみると完全に朝
IMG_4478_convert_20090411223610.jpg
蛇イチゴ?


おまけ
IMG_4459_convert_20090411222533.jpg
おまえの車じゃねーだろ



以上



自動ぼったくり機

2009年04月10日 11:05

IMG_0100_convert_20090410110014.jpg
街で見掛けた謎な自動販売機。

よく見ると売っているのはタバコではなくアクセサリー。

ホントに買えるのかな?

お金を突っ込む勇気はないけれど、小学生の女の子とかはもしかしたら欲しがるかもしれない。

どうかそのなけなしのお金が飲み込まれません様に。

と、願って止まないのです。

花見

2009年04月08日 12:17

みなさん今年の花見はどうでしたか?
僕は4日連続で桜を楽しみました。
金曜のHATOSの花見を皮切りに、毎日目黒川沿いを散歩し十分に満喫しました。

目黒川沿いの花見客は比較的行儀が良くていいですね。
ゴミもそこまで散らかす事もなく、路面に座り込んで宴会というのも少なかった様に思います。

井の頭公園や上野公園だとこうはいきません。

花見ってのはやっぱ粋にやらなきゃあ駄目だね。

目黒川の花見、来年も楽しみです。
IMG_0107_convert_20090408121456.jpg


JAH LIGHT

2009年04月07日 01:44

今回はずっと紹介したかったCREW、JAH LIGHT SOUND SYSTEMについて。
IMG_4315_convert_20090407013607.jpg


JAH LIGHT SOUND SYSTEMはSYUN a.k.a JAH LIGHTを中心とし、NESILL、SHINIS、SONSHI MC、DRAWISEにより結成されたNEW ROOTS REGGAE SOUND CREW。
IMG_4309_convert_20090407013541.jpg


彼等の所有するSOUNS SYSTEMは圧巻の一言。
直線的なモノラルサウンドで暴力的に攻めます。
IMG_4312_convert_20090407012937.jpg

これに関してはもう体感してもらうしかないんですがね、とにかく低音が凄まじい。
IMG_4314_convert_20090407013432.jpg

こいつが元凶のプリアンプ
IMG_4313_convert_20090407013045.jpg

彼等はORIGINAL DUB PLATE(レコード)も切っていてどれも素晴らしい出来映え。
このCREWはマジでヤバいです。
機会があれば是非、現場に足を運んで下さい。



※注)写真がブレているのは低音による振動のためです、あしからず

BREWS

2009年04月05日 20:17

今週はなぜかROGUEばかり飲んでました。
という事でレポート

ROGUE, DRY HOPPED ST. ROGUE RED ALE
IMG_4237_convert_20090405195314.jpg
DRY HOOPEDのビールはやはり香りが良いですね。
色がまたかなり奇麗な赤で美味しそう。
ホップバッチリ、苦みもそこそこ、爽やかで旨い。
秀逸です。

ROGUE, AMERICAN AMBER ALE
IMG_4244_convert_20090405195349.jpg
ローストされたモルトの感じ、アメリカらしいカスケードホップの香り。
美味しいです。

ROGUE, CHIPOTLE ALE
IMG_4263_convert_20090405195411.jpg
変わり種です。
チポートレとはメキシコ料理で使われるスモークされた唐辛子、それを使ったビール。
飲んでみます、、、辛い。
じわじわとではありますが確実に辛いです。
スモークの感じはあまり強くないですね、これならヒッコリーでスモークかけたモルト使っても合いそうです。
味は、、、まあまあかな。
悪くないです。

ROGUE, BRUTAL BITTER
IMG_4304_convert_20090405195434.jpg
いい感じ。
しっかりした上質なモルトの感じと爽やかなホップの香り。
苦さは程々、BRUTALって程でもない。
しかし旨いです。

ROGUEのビールはぶっ飛んだ感じはないけれど非常にバランスが良いですね。
正統派アメリカンエールって感じ?
CRAFT BEER飲み始めたばかりの人にはとても良いと思う。
ホップやらモルトやらの良さが解りやすく表現されていると思います。

やっぱビールはうめえなあ

でもたまにはBAR SAL'Sに行ってホップモンスター浴びないと欲求不満になるなぁ。
近々行こうっと



HANAMI PANIC

2009年04月05日 09:45

週末金曜夜、DANCE PANIC SPRING、
良いパーティーでした!!

桜はもう完璧、ブリブリ感がヤバい
IMG_0109_convert_20090405085209.jpg
怪しいドアの向こうには、、
IMG_4291_convert_20090405085911.jpg
怪しいフロア
IMG_0104_convert_20090405090829.jpg
パーティ前の仲間だけの時間、大好きです
IMG_0105_convert_20090405090944.jpg
そんな時間を暖めてくれるのはモーリー
IMG_0102_convert_20090405090704.jpg
そしてDJ OGUCHIへと
IMG_0106_convert_20090405091048.jpg
だんだん人が増えて行きます
IMG_4271_convert_20090405090529.jpg
DJ FRAN-KEY!!!HATOS仲間内ではすでに大御所的存在。
IMG_4278_convert_20090405091318.jpg
DANCE PANICらしくなってきました
IMG_4287_convert_20090405091244.jpg
バルコニーも沢山の人です
IMG_4275_convert_20090405091211.jpg
mokotoちゃんの豚汁、大盛況です
IMG_4276_convert_20090405090614.jpg
そしてREE-K!!!かっこ良すぎる女性。
IMG_4284_convert_20090405091358.jpg
DOPEな空気感でフロアを支配
IMG_4285_convert_20090405091548.jpg
HATOS BARも酒が切れ気味で何度も買い足すくらいの忙しさ、みんな酒切らしてゴメンネ
IMG_4268_convert_20090405090245.jpg
DJ ESKMがトリを務めます、抜群の安定感でフロアはゆっくりと確実に疾走します
IMG_4289_convert_20090405094250.jpg


来てくれた皆さん本当にアリガトウ。
みんなが一度に顔を合わせられるということは凄く良い。
みんな良い顔してました。






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。