スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い店長

2008年12月10日 00:08

良い店長もしくはマネージャーとは

商売するにあたって避けては通れない問題です。
自分でもそれに関してはいつも考えさせられる場面が多いです。
その多くは反面教師的な店長もしくはマネージャーであり、色々な店、業種、シチュエーション等多岐に渡ります。

先日、あるお店(いわゆるCLUB)で、かなり嫌な目にあわされました。
長野県からの友人とそのclubで待ち合わせていたのですが、どうしてもその子に場所の説明が巧く出来ません。そこでエントランスのニーチャンに一度出て迎えに行かせてもらえないだろうか?と頼んだところ、答えはノー、うちは再入場不可となっております。おいおいちょっと待てよ、長野からわざわざこのパーティーに来てるんだぜ。と言ったところ店長が出て来て、それはそっちの都合で店とは関係ない。とのこと。考えられません。アホと話しても埒があかないと思い、そのパーティーの主催者に掛け合いエントランスに来てもらったところ、答えはすんなりオーケー。無事迎えに行けました。しかし、ウ~ン、許せん、、、

客商売に限ったことではありませんが、その場の状況、事情等によって基本的なルールというものは現場の判断で変えるということがとても大切だと思います。もし自分がマネージャーなら、店長ならこうする。というシミュレーションを日々こなしております。

すこし愚痴っぽくなりましたが、私が声を大にして言いたいのは、
ある程度の無理(筋の通った)は、笑って通す店でありたいということです。
その方がクールでしょ。だって僕らは飼い主のいる犬じゃないんだから
IMG_2591_convert_20081210000709.jpg


-blt-





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatosbarbbq.blog49.fc2.com/tb.php/22-110f118d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。