スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T君との忘年飲み

2008年12月31日 14:08

一昨日の月曜日に親友のT君と供に中野にある焼鳥屋、川中屋さんへ。
この店は東高円寺と新中野の間、青梅沿いにある名店で、以前中野に住んでいた時、開店当初から通い詰めたとても思い出深いお店です。
ここのすばらしいことはまず、安いこと。とにかく安いです。串一本100円しません。
使用してる鶏は鳥取の大山鶏。
タレも開店当初に比べると確実に育っており格段に美味くなってます。
僕達はいつもタレ、塩、は焼き手さんのお任せで食べます。そしてその日特に状態の良い部位があれば塩でもう一本頼む感じです。
今はもうメニューからなくなってしまったのですが、以前は生ライムサワーがあり、それが僕の定番ドリンクでした。僕らが引っ越ししてからメニューから無くなったらしいのですが、なんと、川中さんは僕のためだけにそのメニューを置いてくれていたのです。他の誰も頼まないそのメニューはきっと売り上げを多少なりとも圧迫していたんだろうな、、、
ありがとう川中さん。
生レモンサワー、ハイボール、日本酒へと飲み進めて川中さんに本年の挨拶をして店を出る。
相変わらず旨かったッス。

その後、参宮橋にあるbar shanksへ向かうためタクシーに飛び乗りました。が、なんとbar shanksは前日の28日が今年最後の営業日、無念。
極上のハンバーガーと志賀高原ビールをタップで扱う、しかも本格的なバーであるこの店は間違いなく名店です。品揃えを見ればその本気度がひしひしと伝わってくる、でも気さくで素敵な店です。キラちゃんの話だけでつまみはいらねぇってくらい?!おもしろいです。

トニカク、店はしまっており他の店を探すことに。
次に向かったのは新宿ワシントンホテルにある筈のドイツビール専門店、クナイペへ。
あれ?やってない?しかも店の雰囲気が全然違う、、、
そばに寄って覗いてみると。
冷蔵庫の中に並べられているビールは世界中の大量生産ピルスの数々。バド○イザーやらコロ○やら中国の青○やら。
全く違う店なのか?それともオーナーが方向転換したのか?
タンネのオーナーに聞いてみる勇気は僕にはありません。

こうなったら意地でもビール飲んでやると息巻くT君の願いを叶えるべく僕らが次に向かったのは西新宿にあるFrigoへ。
ここもヨーロッパビール専門店です。
タップに繋がれているのはVedett Extra WhiteにJever。
Jever品切れとのことでT君はVedett Extra Whiteを、僕はCantillon Rosé de Gambrinusを、月はHommelをチョイス。
IMG_0040_convert_20081231134159.jpg
実はこのランビックって好きなんですよね。
この酸っぱさ、もはやビールじゃないけど。
生牡蠣とかにもよく合うし、ヘビーなチョコレートケーキとかにも合うんじゃないかなと思ったりします。

で結局二杯目は唯一あったアメリカンビールのAnchor, summer aleと同じくAnchor,Christmas aleを。わざわざ、この店で。
T君ベロベロで締めくくりました。

今年もお疲れ様,皆さん良いお年を!

来年は絶対面白い年になりますよ!

-blt-








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatosbarbbq.blog49.fc2.com/tb.php/34-9e540281
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。