スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CALIFORNIA 10

2009年02月09日 13:28

10でございます。

Truckeeを出発した僕らはSan Franciscoへ向けてRoute 80を走ります。
Route 80はTruckeeからSacramentoへと続く道なのですが、Truckeeを出てすぐのSierra Nevada山脈を越す山越えの道はDonner Passと呼ばれる峠道で、アメリカの歴史上見過ごすことのできない場所です。

1846年、フロンティアの最中、カリフォルニアへの移住に向けてこの峠を通ったドンナー一行は、大雪のため足止めを食らい一冬をこの峠、山脈の東側で越すことになった。
その冬越えの過程は凄惨であり、当初81人いた移住民で生き残ったのは45人、死んだ人達は生き残った人達の食糧となった。

今でもアメリカの教科書に載っているとても有名なお話。

その峠を食われることも食うこともなく難なく越えた僕らは(現在は高速道路が走ってます)Grass Valley(後の僕にとってのとても縁深い土地)をかすめてSacramentoへ到着。
買い付けをするため街を物色、しかし収穫無し。
Sacramentoからは高速も幅が広くなり車の数も増えます。
そのまま一路San Franciscoへ。

San Franciscoへ着いた僕らは最後の買い付けを済ませ、空港近くのモーテルに宿泊。
最後の夜ということでこれまでのお礼を兼ね、僕のナケナシの金をはたいて仏君をディナーへ招待。といっても安いステーキハウスでしたが。
食事を楽しみ、仏君にコレまでのお礼を言いました。
ホントにアリガトウ仏君!!!
店を出た時点で持ち金5ドル。
もう使う予定はありません、よくぞ持ちこたえたものです。

次の日の朝仏君に空港まで送ってもらい、涙の別れ。
短い間でしたが、本当に良くしてくれた仏君との別れは本当に悲しく、涙が止まりませんでした。
アリガトウ!!!

チェックインをすませ、搭乗しいよいよカリフォルニアともお別れです。
bye bye、California!!


San Franciscoを出た飛行機はChicago行き、Chicagoで乗換えてBostonへ、そしてそこで最後の飛行機に乗り換え最終目的地Portland Maineへ。

Chicagoに着いた僕はトランジットの間に少し気を緩めて売店でコーヒーとベーグルを買いました。
しめて4ドル25セント。手元には75セントが残りました。
この出費が後で僕を苦しめるとも知らず、、、、

Chicagoを出発した飛行機は暫く飛んだ後、機長が機内放送であり得ないことを乗客に告げました。

『Boston空港が史上最悪のIce Stormのためクローズしており最悪の場合Chicagoへ戻るか、もしくはNew Yorkの空港への着陸が予想されます。』

出ました、スーパーバッドラック。
僕の神がかったバッドラックは機内全員の乗客をも巻き込み、北アメリカ上空を飛んでいたのでした。
ココまでくるともう、かなり、周りの誰が見ても解るくらい、僕はまいっていました。
カリフォルニアの旅で十分消耗しているのに、さらにこれとは、、、
僕にはどうしても今夜中にPortland Maineに戻る必要がありました。
次の日の朝一に指定されたホテル前に僕の住んでいる山へ向かう無料のバンが迎えにくる予定だったからです。
金のない僕がこれを逃すと、、、、
判りますね。

Ice Stormとは直訳すると氷の嵐。
雪にならないくらいの低温で雨が降っており、風が強い時に起きる気象事例です。
降った雨が強風による気温低下のためありとあらゆるものに凍り付き、そこら一帯をツララだらけにしてしまうものです。
それによってもたらされる最大の障害は通信用配線や電柱の電力供給配線等がツララの重みで切れてしまうこと。
都市機能がかなりやられてしまうのです。
しかも史上最悪のやつがこのタイミングで来るなんて、、、、

まいっている僕を見かねて隣に座っていた女の子が僕を励まします。
彼女はダウン症の女の子でした。
一生懸命に励ましてくれます。
そして、
「この音楽を聴けば大丈夫!」
と彼女のヘッドフォンを僕に手渡します。
耳に当てて聴いてみると、、、、
マイケルジャクソンのスリラー!!
ぶっ飛ばされました。
もう何が起こっても怖くありません。

全てを吹っ切れた僕は何としても今夜中にMaineに戻ってやると誓ったのです。








コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatosbarbbq.blog49.fc2.com/tb.php/64-8dc62d1a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。