スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CALIFORNIA 11

2009年02月14日 10:20

11。

僕を乗せたBoston行きの飛行機は到着予定時間を大幅に過ぎてもまだ雲の上、次に乗る予定のPortland Maine行きの飛行機の出発まで残り1時間しかない。
多分間に合わない、でももうそんなことはどうでもいいのだけど。
なぜなら隣に座る女神のおかげで、もう何が起こっても大丈夫になったから。

とりあえず、東海岸にさえ着ければバスを使ってMaineに向かって北上して行けると考え、トニカクChicagoにだけは戻らないように願っていました。
その願いが通じたのかどうか、機長から嬉しいアナウンス。

『只今BOSTON空港の滑走路の復旧作業が進められており、状況次第では着陸出来る模様』

乗客から拍手が起こります。
しかし、僕はぬか喜びはしません。
もう何が起こっても一喜一憂しないぞと決めていたから。
ハードな状況はもうそれでないと乗り越えられません。

結局2時間半遅れでBOSTONに到着。
ICE STORMは雪へと変わっており、そのおかげで空港closeが解除された模様。
しかし空港の建物は張り付いた氷で真っ白!よくコレで復旧したもんだ。

アメリカを旅行されたことのある方は判ると思いますが、同じ航空会社を使ってアメリカ内を旅する場合、基本的に何度乗り換えがあったとしても、預けたバッゲージは航空会社によって最終目的地に向かって自動で積み換えがされる。
しかし、本来なら自動的に次の便に積み換えられる筈の荷物もこのバッドラックにまみれた旅に限っては絶対にBOSTON空港のBaggage claimで弾き出されると確信し、DELTA航空のBaggage claimへ。

ここでまたもやバッドラック炸裂。
この年のカリフォルニアは記録的な暖冬、カリフォルニアからやってきた僕は例の虹マークのロングT-shirt一枚という出で立ち、全ての上着は預けた荷物の中。
そして、DELTA航空のBOSTON空港のBaggage claimは外!!
そして外はもちろん雪降りまくりの嵐。
激寒です。

震えながら出てくるか判らない荷物を待ち続けること20分。
のこのこと、本来は出てくるべきでない、俺の荷物チャン達が、出てきましたよ。
やっぱりね。
速攻上着を引っぱり出し装着。

怒りたい気持ちを落ち着かせ、DELTAのチェックインカウンターへ。
たった一言。

『No matter what, I really need to get back to Portland Maine. TONIGHT.』

目の据わったアジア人の出現に少しうろたえたスタッフは、大急ぎで振替フライトの席をチェックしてくれて、リストの最上部に僕の名前を入れてくれたようです。
しばらく待たされた後、飛行機の手配が出来たということで、再度チェックインカウンターへ。
そのフライトはその日最後のフライトになるとのことでカウンターには席を確保出来なかった客がスタッフに詰め寄る場面もみられました。
どうやらその晩はIce stormのため、バスも全面的にストップしていたようです。

そんな状況を横目で見ながら荷物を預け終えた僕は、最後のフライトへ向けて搭乗ゲートへと向かったのでした。









コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hatosbarbbq.blog49.fc2.com/tb.php/67-949123af
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。