スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maine Lobster

2009年03月01日 01:25

食べたことありますか?

ロブスター

世界で一番有名なロブスターの産地はアメリカ、メイン州。
僕が10代の頃4年間過ごした州です。

メインに行くとそこらかしこで水槽の中で生きたままのロブスターが売られていて、
大体1ポンドあたり5ドル~8ドルくらい、一匹あたり¥1000~2000くらいでしょうか。
日本でもレッドロブスターで食べれますが、メインに比べるとかなり高いです。
そのレッドロブスターもメイン発のレストラン。
もちろん地元の人はあまり行かないけれど。

とにかくメインにいた頃は何かとよく食べました。
誕生日やら記念日やらホリデイやら何かと理由をつけて。

食べ方は、ヤツ等を生きたまま熱湯の中に放り込んで茹で上げ、身を殻から外して溶かしたバターに浸けて口に投げ込みます。

メチャクチャ美味い。

生きたまま鍋に放り込むと、ロブスターの殻内部とお湯の温度差から起こる圧の関係で鳴き声の様な音がします。
残酷な様ですが、それを
『ロブスターが鳴いている』
と言い、早く茹で上がんねえかなと腹を鳴らしつつバターを溶かすのです。

一般的に旬は冬で、殻の厚みが増し身が引き締まって来ます。
サイズにも美味しい不味いがあって、あまり大きすぎないものが良いとされています。

海岸沿いを車で走ると沢山の
『Maine Lobster & Clam』
等と書かれた看板を見かけ、先ほどのBoiled Lobster や Lobster Rollというサンドウィッチ、Lobster Chowder等が食べれます。

Maine州ではこのロブスターをとる漁師を、
『Lobster Man』
と呼び、とても実入りが良く、人気のある職業です。
しかし、このLobster Manになるには免許が必要でしかも決められた数しか免許が発行されないため、なるのが難しい職業。
また禁漁期間や漁獲量の厳しい制限があり、保護され大切にするべき資源という認識です。

しかし少し昔までは誰も食糧としてのロブスターに見向きもせず、大量に穫れるそれを肥料として畑に撒いていたらしいです。
今では大切な産業として守られていますが、僕の友人で子供の頃のおやつが毎日ロブスターだったというヤツもいるくらい、ロブスターだらけの海なんです。

なんとか個人輸入して日本で売り出せねぇかな?
Maine Lobster。

97985_Full.jpg







コメント

  1. シルカノ | URL | WOfZdObw

    キョエ~~!!
    重そうなハサミ・・・〈汗

    プリッとした身がスキ♪
    レッドロブスターでしか食べた事無いけど・・・
    ちょっとお高いもんねi-229

  2. blt | URL | -

    Re: タイトルなし

    > この写真のヤツはデカイですね。
    > 日本で食べれるヤツは大体500g~800gくらいのヤツですが、メインでは1kg前後が一般的です。
    >
    > おいしいですよ~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hatosbarbbq.blog49.fc2.com/tb.php/75-50104821
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。